竹ヶ島神社

竹ヶ島神社のお祭り

竹ヶ島神社では、海上安全と大漁祈願の神として、国常立命、大国主命、事代主命が祀られていることから、漁師やその家族の方がよくお参りに来られます。お祭りは年3回、春祭りと例祭、夏祭りが行われ、春祭りと夏祭りは神事のみです。旧暦の4月16日、新暦では5月に行われる例祭では、竹ヶ島の住民全員だけでなく、海部郡一帯から漁業関係者が集まり、暴れ神輿の「浜入れ」と呼ばれる行事が執り行われて賑わいます。

竹ヶ島神社略記例祭ではまず、拝殿にて例祭の神事が行われた後、御霊代が本殿より神輿に遷され、神輿が若者およそ12人で担がれます。前後2本ずつある柄はそれぞれが2名で担がれ、各柄は縄で繋がれ、その縄を持つ者が1名ずついます。神輿は「チョーサジャ!」という元気良い掛け声とともに担がれ、拝殿を後に階段を下り、広場に出て練り歩きます。その後、浜におりて神輿は担がれたま海中に入り、時には水中に沈められたりします。そして一気に陸地に上げられ、島の東岸にある浦磯に運ばれて再び海に入ります。

竹ヶ島神社略記その後、浦磯では神主の祝詞と共に、氏子と島の人々は年寄りから子供まで全ての人が神輿の下をくぐり抜けるのです。竹ヶ島の氏子総代は6人いて、相談によって選ばれています。最後に神輿は竹ヶ島神社の拝殿まで担がれ、そこで御霊代を神輿から本殿に奉還して、一連の行事は終わります。神を担ぎながら海を歩き渡る不思議な儀式は、古代より現代に至るまで伝承され続けてきたのです。神が宿るとされる神聖な神輿をわざわざ海の中に入れることから、海中神輿とも呼ばれるこの行事には、重要な宗教的意味が秘められていたと考えられます。

今日、竹ヶ島では過疎化が進み、若手の担ぎ手が不足したことから、「浜入れ」の行事は2017年開催中止となりました。それまで既に6回、開催を中止していることからしても、今後の継続が危ぶまれます。海陽町の町会議員を務め、神社総代でもある島﨑氏は、「島の伝統行事を楽しみにしている人は多い。来年はできるように他の総代や宮司と対策を考えていきたい」と話しています。

竹ヶ島の御神体となる古宮の磐座

浦磯の海岸沿い、南側には薄い壁のように突出した形状をもつ3連の巨石が連なり、その合間に洞穴が存在します。そこには古代より不動さんが祀られており、氏神さまがおられた場所として、古宮とも呼ばれています。そして3mほどの厚さがある岩の壁のようにも見える巨大な岩場の頂上には、人工的に置かれたとも考えられる丸みを帯びた巨石があり、そこでも神が祀られてきました。

陸地から100mほど離れた離島にて、古代より海岸沿いの洞穴にて神が祀られ、そこには「岩の壁」の様にも見える巨石があり、その岩場の頂点では神が祀られていることから、古代では竹ヶ島を聖地とみなす何かしらの特別な理由が存在したはずです。海を渡ってでも、そこで神を祀る特別な理由があったが故に、巨石からなる岩場は古宮と呼ばれるようになり、そこで古くから神が祀られたのです。

竹ヶ島の東岸に並ぶ3連の岩壁竹ヶ島の東岸に並ぶ3連の岩壁竹ヶ島神社の御神体は、島の東方、太平洋岸の古宮に隣接する巨大な磐座です。そこには珍しい形状を誇る巨大な岩の壁が並び、遠方の海上から壁が3列に並んでいることを確認することができます。それら岸壁の雄姿は国内でも例のない特異な形状と規模を誇り、その中心となる岩の頂点には、磐座の象徴となる巨石が載せられています。この巨石は、位置や形状からして単なる大自然の働きによる産物と考えるには、いささか不自然なようです。むしろ、祭祀活動を行うための聖なる磐座として、古代、人の手によって岩の頂上に載せられた可能性があります。その場所が竹ヶ島の聖地となり、その岸壁の周辺にてこれまで多くの方々が、神を参拝するために集ってきました。

後世においては四国の讃岐で生まれ育ち、19歳の時に室戸岬にて霊の目を開眼された空海、こと弘法大師も、四国東海岸沿いを室戸岬に向けて旅する途中、竹ヶ島の存在に気づいたことでしょう。そこには古代の狼煙台が存在するだけでなく、海岸沿いを航海するだけで、島の東岸に突出する3連の岩場が目に映ります。そして竹ヶ島周辺の地勢と、そこに古代より祭祀場があったことを学ぶうちに、竹ヶ島の存在価値と重要性を知ったのではないでしょうか。

竹ヶ島神社の由緒とは

竹ヶ島神社略記竹ヶ島神社の由緒は不明ですが、遭難船が神に助けられたという地元の伝承が残されています。ある荒天の夜、竹ヶ島沖で遭難した船が遠くに光を発している何かを見つけ、それを頼りに岸まで辿り着き、無事難を逃れたことから、島の人々が浦磯の奥の岩場に祠を建て祀ったことが、竹ヶ島神社の起源と言い伝えられてきたそうです。それ故、いつの日も航海の無事と大漁を願い、竹ヶ島の人々は島の東岸にある岩場の祠に集い、そこで神の御加護を祈念してきました。そして後世になって、現在の場所に竹ヶ島神社が建てられることになったのです。

竹ヶ島神社

それ以前に、古代では竹ヶ島では神が崇められ、大自然と神、人間との関係が大切に考えられてきたと推測されます。島の中央部には竹林が生い茂り、そこから西岸のビシャゴ磯にむけて、人の手で造られた7段の階層が東西に向けて存在します。そして春分の日と秋分の日には、島の中央部分から竹林が生い茂る中心に向けて太陽の光が差し込みます。これらは偶然とは考えられません。太陽と竹林、そして磐座、7段の階層、いずれも周到に計画された聖所の様相の一片を垣間見ているようです。

西アジアから到来した古代イスラエルからの渡来者にとっては、岩は「神」の象徴でもありました。実際、「神」の呼び名としてイスラエル人は古代から「岩」を意味する「ツ」という言葉を用いています。岩は神、として考えられていたのです。それ故、海上に突如として見えてくる岩の島は、正に聖なる場所と考えられたのです。こうして、竹ヶ島は、岩なる島として、その特異である故に、いつしか聖地化さたのではないでしょうか。

南海に浮かぶ秘められた聖地、竹ヶ島神社とその古宮の存在は、未だにその実態があまり知られぬまま、今日に至っています。夢と古代のロマンにあふれる竹ヶ島だからこそ、いつまでも美しくかつ、貴重な観光資源として、残されていくことを期待してやみません。